歯いたどめの神さま

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

歯いたどめの神さま

 北入曽の旧鎌倉街道沿い、七曲井のある観音堂から野々宮神社に向かう道端に、めずらしい「歯いたどめの神さま」が立っております。
 昔、村にはお医者もおらず、何かあったときには遠くの町まで行かなければなりませんでした。そこで、病で苦しんでいる人たちは、道端のお地蔵さんや馬頭さんに願懸けをすることがありました。
 ある親子がいまして、子どもの偏食がひどく、甘いものばかり食べていましたので、とうとう虫歯になってしまいました。『そんなときは北入曽の歯いたどめの神さまだ』と、おばあさんに言われまして願懸けに行くことにしました。そこに行くときは、必ず自分の使っているお(はし)をもって行くそうです。そして何日か願を懸け、無事、歯の痛みが治りましたら 『おかげさまでよくなりました』とお礼を述べて、お箸を倍にしてお供えするのだそうです。
 この神さま、よほどご利益があると見えまして、今も小さな石の(ほこら)の前には色とりどりのお箸がいっぱい供えられております。そして、祠の中には、なぜか「水神(すいじん)さま」と「稲荷さま」の二柱(ふたはしら)がまつられています。
(広報さやま平成17年3月10日号より)

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。