南入曽のおさるさん

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

南入曽のおさるさん

 南入曽の入曽用水路の近くに「青面金剛 (しょうめんこんごう)」と彫られた小さな石仏が立っています。
 近所の人たちは「おさるさん」と呼びまして親しんでいます。青面金剛とは、庚申(こうしん)さまとも言われ「見ざる、聞かざる、言わざる」の三匹のさるが彫られたものが一般的ですが、ただの文字塔もあります。
 むかしから南入曽では、子ども達が「はしか」に掛かったときは、すぐおばあちゃんが『なら、おさるさんにお願いに行くべえか』と言いまして、泥のだんごを作っておさるさんにお供えします。そして、無事に全快したときは、お礼に白い米のだんごをお供えしたそうです。
 今もおさるさんには、しめ縄やだんごが置かれていて、庶民信仰(しょみんしんこう)の深さがしのばれています。
(広報さやま平成18年3月10日号より)
 

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。