耳のお地蔵さま

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

耳のお地蔵さま

 むかしむかしのお話です。柏原の中本宿(なかもとじゅく)にある古いお寺のそばに、あぐらをかいて、片手で耳を押さえている、ちょっと風変わりなお地蔵さまがありました。
 初夏の太陽がカンカンとてりつけるあるあつーい日に、となり村に住んでいるおじいさんが、このお地蔵さまのまえを通りかかりました。このおじいさんの耳は、若いころには良く聞こえていましたが、今ではよる年なみには勝てずにすっかり聞こえなくなっていました。
 おじいさんは、お地蔵さまに気づいて『おーお、お前さまも耳が悪いのかね。頭巾もかぶらねえでお天道(てんとう)さまにこうジリジリあぶられちゃあ大変じゃわい。かわいそーに』と言って小川から冷たい水をくんできて、お地蔵さまの頭や体を冷やしてあげました。
 そんなことのあった次の朝のこと、おじいさんは『おじいさん、おじいさん』と言うおばあさんの声にびっくりして目をさましました。
 不思議なことに、今朝はおじいさんの耳がすっかり聞こえるようになっていました。別に医者にみてもらってわけでもなく、薬を使ったこともなかったので、いろんなことを思い出してみると、きのうお地蔵さまにしてあげた親切を思い出しました。

『こりゃあきっとお地蔵さまのご利益だべえ。聞こえる、聞こえる。ばあさんの声が。お地蔵さまありがとうございました。』

 この話が大評判となって、たくさんの耳の悪い人々が、このお地蔵さまに願かけに来るようになったということです。
 今もこのお地蔵さまは、円光寺(えんこうじ)の山門の裏にちょこんとすわっています。

(狭山の絵本より)

地図

所在地
狭山市柏原1027番地
円光寺

関連項目

仏閣

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。