Q.現改札口の取り扱いについて教えてください。

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年7月6日

A.回答

入曽駅の駅前が現在の人と車が輻輳(ふくそう)している状況を回避するため、車両の通行を分散させ、新しい駅前広場を利用することで、より安全で快適な駅周辺の環境を確保することが入曽駅周辺整備事業の大きな目的であり、現改札口を残すこととした場合、狭隘な道路に車両が再び集中し、歩行者などの危険回避が難しくなることが予想されます。
また、鉄道事業者としても、改札周辺の駅係員の対応として車いす利用者への案内などのバリアフリー対応や、急なお問い合わせの駆け付け対応などがあり、鉄道事業者の方針としても、駅の橋上化を行う際には、駅係員のオペレーション等を踏まえ、改札を橋上に集約し、駅の利便性や安全性を確保することとしています。
このようなことを総合的に判断すると、橋上駅に改札を集約する必要があり、現改札を残すことは難しいと判断いたしました。

このページに関するお問い合わせは
都市建設部 都市計画課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。