入曽の安全整備計画

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年4月28日

事業の概要

入曽の現状

入曽駅周辺の一体的な整備で以下の課題を解決します。

  • 入曽駅周辺整備は約40年来の課題
  • 駅周辺での交通事故が多発している
  • 駅前広場がない
  • 駅周辺の空き店舗が増えている

→事業の目的について、詳しくはこちら

全体図

入曽駅周辺整備のイメージ

1.東西自由通路と橋上駅舎

入曽地区を一体化する自由通路の整備

東西自由通路を整備することで、入曽駅の東側と西側の行き来が安全になり、賑わいのある入曽地区になります。

誰もが使いやすい駅舎を整備

東西自由通路に接続し、駅の機能が集約されることで、使いやすい駅舎になります。

整備イメージ

今後の流れ

令和6年(2024年)度末の供用開始を目指して、関係機関と調整して進めていきます。

2.駅前広場

安心・安全な駅前広場を整備

東口と西口に駅前広場を整備することで、駅への送迎や電車、バスなどへの乗り換えがスムーズかつ安全になります。令和4年(2022年)度から工事に着工し、令和6年(2024年)度にかけて工事を実施する予定です。

整備イメージ

駅前広場整備イメージ整備イメージ(写真は川越市新河岸駅)

3.駅前道路

人と車両の安全を確保

駅前広場につながる、歩道が整備された新たな駅前道路ができます。令和2年(2020年)度から工事に着工しています。

整備概要

延長:約170メートル

幅員:12メートル(歩道幅:2.5メートル)

車線:2車線

整備イメージ

4.入間小学校跡地の利活用

入曽地区の皆さまの声が形になります!

この事業は、入間小学校跡地に民間企業を誘致し、相乗効果による駅周辺の活性化を図るものです。入曽地区にお住まいの皆さまに実施したアンケート結果を参考に店舗が計画されました。当商業施設ができることにより、一層住みやすいまちへと変わっていきます。

入間小学校跡地利活用事業の関連情報

関連情報

このページに関するお問い合わせは
都市建設部 市街地整備課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2941-6839

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。