年度の途中で就職した従業員を特別徴収に切り替える場合

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年5月8日

>>>特別徴収切替届出(依頼)書のダウンロード

就職した従業員の市・県民税を普通徴収から特別徴収に変更したい場合は「特別徴収切替届出(依頼)書」を提出してください。

記入事項

  • 特別徴収義務者の所在地・名称・担当者・電話番号・指定番号(ない場合は「新規」に○をつけてください。)
  • 給与所得者の氏名・1月1日現在の住所・現住所
  • 普通徴収の納税通知書番号
  • 特別徴収を開始したい月

特別徴収切替届出(依頼)書提出の際に注意していただきたいこと

  • 切替申請する際は普通徴収分で納付してある税額があるかどうかを本人から納付書を預かるなどして確認してください。(二重納付を避けるため)
  • 納付書を本人から預かった場合、特別徴収切替届出(依頼)書の提出とともに市に返送していただくか、特別徴収税額通知書が届いたことを確認したのち破棄していただいても構いません。
  • 普通徴収で納期限が過ぎたものにつきましては、特別徴収に切り替えることはできません。

提出時期

  • 特別徴収切替届出(依頼)書を提出する際は特別徴収を開始する月の前月10日までに提出してください。
    (例)8月分から徴収を始める場合には7月10日まで
    提出が遅れますと給与天引き開始までに税額通知書が届かないことがございますので注意ください。

このページに関するお問い合わせは
総務部 市民税課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。