区域規制「ゾーン30」による交通安全対策

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2017年12月11日

ゾーン30とは

一定の区域(ゾーン)の生活道路において、歩行者等の安全を確保するための交通安全対策で、ゾーンの最高速度を30km/hに規制することから、「ゾーン30」と名付けられています。
また、ゾーン30では歩行者等の通行を優先し、通過車両を可能な限り抑制するために、原則として、最高速度30km/hに規制していますので、制限速度を守り、安全運転でお願いします。
なお、ゾーン30入口には、交通規制標識が設置されています。

交通規制標識

対策実施例として、車道外側線を設置し車道幅員を減少させ、自動車の速度抑制を図るとともに各区域入口に「ゾーン30」の文字を設置し、ゾーン入口の明確化を図っています。

対策前                        対策後(ゾーン30の文字や外側線を設置)

市内の実施状況

交通規制に関する問い合わせ

狭山警察署交通課規制係
電話:04-2953-0110

このページに関するお問い合わせは
市民部 交通防犯課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。