滝不動尊

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

滝不動尊

小さな滝があり、この水音を聞いて役小角(えんのおづの)がこの地に霊場を開いたと伝えられ、笹井観音堂の旧地といわれています。
修験者たちはこの滝にうたれて修行したといわれ、この脇に修験の主尊ともいうべき不動明王を祭った堂があります。
昔は2月11日に笹井滝不動様の行事がありましたが、現在は行われておりません。
ちなみにこの水は通称一時水(いっときすい)と呼ばれ、遠方から水を汲みに来る人もいるそうです。

  • 本尊:不動明王(ふどうみょうおう)

場所

所在地
狭山市笹井2丁目38番付近
滝不動尊

関連項目

社寺

民話・伝承

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。