がんざ山のはくさんさま

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

がんざ山のはくさんさま

 笹井の宗源寺の北側に「がんざ山」という昼でも うす暗く、さみしい所がありました。そこには、今も「はくさんさま」がお祭りしてあり、そのすぐそばには、滝不動といわれるお不動さまがあります。がんざ山のはくさんさまは、虫歯にご利益があるといわれ、村の人たちは、みんな願かけに来ていました。このはくさんさまには、こういういい伝えがあります。
 むかしむかし、広瀬に住んでいたある女の子が虫歯になり、毎晩『いたいよー、いたいよー』と泣いていました。するとおばぁさんが『かわいそうに、そんなにいてぇなら、がんざ山のはくさんさまにお願いしてみたらよかんべぇ 』といいました。ところが、このがんざ山には悪いタヌキがいて、人が行くと悪さをして、なかなか人を近づけませんでした。
 そのことを聞いていた女の子の兄さんが『よし、おらがおぶってやんから 行くべぇ。なーに悪いタヌキがでたらぶっとばしてやらあ』といいました。そして、女の子は兄さんにおぶわれて願かけに行きました。
 兄さんは、村でもわんぱくでとおっていましたので、がんざ山のタヌキなどは、ちっともこわくはなかったのです。兄弟は、毎日一生懸命に願かけに通ったので、女の子の歯もすっかり治り、そのお礼に金具でできた「鳥居(とりい)」をはくさんさまに納めました。この 鳥居は、針でつくったものもあったそうです。
(狭山の絵本より)

地図

所在地
左、狭山市笹井2丁目38番地
滝不動尊
右、狭山市笹井2丁目17番8号
宗源寺

関連項目

仏閣

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。