丸山の銭洗い弁天さま

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

画:丸山の銭洗い弁天さま

 堀兼(ほりかね)の青柳(あおやぎ)丸山地区に新狭山ハイツという団地があります。この新狭山ハイツのなかに小さな池にかこまれた「丸山の弁天さま」といわれる、かわいいおやしろがまつられています。
 むかしのお話です。
 このあたりには杉や大木が生い茂り、池のほとりには、石造りの弁天さまがまつられていました。
 この池は、丸山の池とかさ池といわれる大小二つからできていて、どんなに日照りが続いても、水のかれたためしがなかったといわれています。
 また、この池には魚もたくさんいて、近くの田の水源にもなっていました。
 弁天さまのお祭は、毎年お正月の初巳(はつみ)の日に盛大におこなわれ、この日には、多くの露店が立ちならび、近くの村々からたくさんの人々が集まりました。
 そして参詣(おまいりをすること)の人たちは、先をあらそって自分が持ってきた銭を弁天さまの池につけて洗いました。そうすると、洗った銭がその年のうちに二倍になるという言い伝えがあったそうです。そこで、別名「丸山の銭洗い弁天さま」ともいわれていたそうです。

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。