貸出期間の延長について

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年1月8日

インターネットやモバイル端末(携帯電話など)、図書館内の蔵書検索機から、図書の貸出期間の延長手続きができるようになりました。延長手続きを行うには、下記の条件とパスワードの登録が必要になります。パスワードは、館内のOPAC(利用者用蔵書検索端末)やご自宅のパソコン、携帯電話から、インターネットを通じて登録ができます。

図書の延長条件

・延長する図書(本・雑誌・紙芝居)に他の方から予約が入っていないこと。
・貸出後8日間を経過した図書であること。CD、DVD等のAV資料は延長できません。
・貸出期限切れの資料がないこと。一つでも期限が過ぎた資料があると、他の期限内の図書も延長できません。また同じ図書を2回続けて延長はできません。

図書館メインメニューから→「利用者メニュー」→「ログイン」→「貸出中一覧」と進んでください。

延長が可能な図書には、「貸出延長」のボタンが表示されますのでクリックしてください。

カウンターや電話での延長処理にも同条件が適用されます。
但し、来館して図書をお持ちいただいた場合は、一旦返却してその後に、新規の貸出となります。
利用照会画面へは狭山市公式ホームページからリンクが貼られています

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 中央図書館

狭山市入間川2丁目2番25号

電話:04-2954-4646

FAX:04-2954-0419

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。