脳脊髄(せきずい)液減少症とは

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2016年2月19日

脊髄(せきずい)液減少症とは

交通事故、スポーツ外傷、転倒等により、全身への強い衝撃を受けたことなどが原因で、脳脊髄(せきずい)液が漏れ出し、脳脊髄(せきずい)液が減少することにより、頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り・倦怠感などの症状を引き起こす病気とされています。

現在、国において、診療のガイドライン策定が進められています。この病気の診断・治療については医療機関とご相談ください。

埼玉県ホームページ(新規ウインドウが開きます)

厚生労働省のホームページ(新規ウインドウが開きます)

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 保健センター

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2959-5811

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。