敷石供養塔

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

敷石供養塔

寺院や神社の参道には、参拝者が歩きやすいように敷石が敷いてあります。敷石供養塔とは、こうした土木工事が完成した際に建てられたもので、ここで紹介するのは南入曽の金剛院(こんごういん)境内にあるもので、天保3年(1832)6月の造立です。
この供養塔は両側面に「庄屋水野忠助」「助力近村中」とあるので、水野村の庄屋(しょうや)(名主のこと)と近隣の村々が協力して敷石を完成させた際に、供養塔を造立したことがわかります。また台座には、発願として僧侶の「義順」や村人の名前があり、助力として念仏(ねんぶつ)講や斎日(さいにち)講の人々の名前も刻まれています。
敷石も、石橋をかけるのと同様に多大な経費と人手を必要としました。これに多くの人々がかかわっているのは、労力を提供することが功徳(くどく)であり、ひいては村を悪霊から守ることにつながると考えていたためです。

  • 寸法:高さ71センチメートル・幅30.5センチメートル・台座高さ20センチメートル・台座幅50センチメートル

場所

所在地
狭山市大字南入曽460番地
金剛院

関連項目

社寺

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。