三界万霊供養塔

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

三界万霊供養塔

三界(さんがい)」とは、仏教の世界観で私たち衆生(しゅじょう)が生まれてから死に至るまでの三つの世界、つまり淫欲(いんよく)貪欲(どんよく)欲界(よくかい)、淫欲と貪欲を離れた生き物の住む色界(しきかい)、物質を超越した精神のみが存在する無色界(むしきかい)をいいます。また「万霊(ばんれい)」は、この世における一切の霊のこととされています。
この供養塔は寺院の門前や墓地に建てられていますが、その理由は、そこが多くの人から回向(えこう)を受けやすい場所だったからと考えられています。
北入曽の常泉寺(じょうせんじ)墓地入口にある三界万霊供養塔は、元禄3年(1690)に建てられたものが何らかの理由で壊れたため、天明2年(1782)6月に再建したものです。石幢(せきどう)と呼ばれる六角柱の塔に地蔵菩薩が刻まれ、「有縁無縁」「法界万霊」などの文字が彫られています。
なお、この種の供養塔には、「三界万霊等」「三界万霊有縁無縁」「無縁法界万霊」などと刻むものもあります。

  • 寸法:高さ126センチメートル・幅35センチメートル・台座高さ23センチメートル・台座幅58センチメートル

場所

所在地
狭山市大字北入曽315番地
常泉寺

関連項目

社寺

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。