認知症の人を支える制度やサービス

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2017年4月1日

成年後見制度

 家庭裁判所が、認知症などにより判断能力が十分でない人の権利を守る援助者(成年後見人等)を選ぶことで、本人を法律的に支援する制度です。

徘徊高齢者位置情報サービス利用の助成

 狭山市では徘徊する高齢者の早期発見、保護と家族介護者の負担を軽減することを目的に、所在をいち早く探索し、居場所がわかる「徘徊高齢者位置情報サービス」を利用する際の費用を助成しています。

認知症サポートガイド

 認知症の症状や相談場所、利用できるサービスなどを分かりやすくまとめたものです。長寿安心課と地域包括支援センターで配布しています。

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 長寿安心課

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。