認知症への取り組み

 社会全体が急速な高齢化を迎えている日本。高齢者が増えることで、認知症になる方も増加の一途をたどっています。
 厚生労働省の「新オレンジプラン」によると、65歳以上の高齢者で、2012年の認知症有病者は462万人(7人に1人の割合)。2025年の認知症有病者は700万人(5人に1人)と推計されています。

認知症の症状

 認知症とは、脳の細胞が壊れてしまったり、働きが悪くなったりすることで、さまざまな障害が起こり、生活をするうえで障害が出ている状態が継続(およそ6か月)している症状を指します。使い慣れていたものの使い方が分からない、知っている道のはずなのに迷うことがあるなどの症状が出る場合があります。

認知症かもしれないと思ったときには

 近年、認知症は早期発見・早期治療により、症状の進行を遅らせられることが分かってきました。認知症かなと思ったときは、一人で悩まず、かかりつけ医や地域包括支援センターにご相談ください。
 また、認知症をご本人や家族が認めたくないという気持ちから、発見が遅れてしまうこともあります。認知症には、早期発見が重要です。ご本人やその家族のためにも、身近な方で認知症かも?と思われる方がいましたら、早めの相談(受診)を勧めてください。

認知症の初期症状や、見守りをはじめとする対応方法などが分かりやすく説明されています。

関連情報(狭山市の取り組みなど)

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 長寿安心課

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262