アスベスト含有調査補助金制度

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年6月14日

狭山市では、民間建築物の壁・柱・天井等に吹付けられているアスベストの飛散による市民の健康被害を予防し、生活環境の保全を図るため、建築物に施工されているのが吹付けアスベスト等かどうかが不明な吹付け建材の分析調査を実施しようとする民間建築物の所有者等に対し、分析調査費用を補助します。

アスベストとは

天然の鉱石から作られる極めて細かい繊維で、見た目は綿のようにみえることから「石綿(いしわた・せきめん)」とも呼ばれます。
アスベストは、熱や摩耗に強く、腐らず、変質しにくいなどの特性を持っていることから、耐火建材・保温材・吹付け材などの建築材料として幅広く使用されてきました。
しかしながら、アスベストを吸引すると、人体へ健康被害を及ぼすことが判明したことにより、現在では建築物にアスベストを含有した建築材料を、新たに使用することは禁止されています。
アスベストには、「クリソタイル」「アモサイト」「クロシドライト」「アクチノライト」「アンソフィライト」「トレモライト」の6種類があり、そのすべての種類のアスベスト含有調査について補助金の対象としています。

補助金の交付対象となる建築物

次のすべてに該当する建築物です。

  1. 狭山市内に存する民間建築物
  2. 吹付けアスベスト等が施工されているおそれのある建築物
  3. 過去に補助金等を利用したアスベスト含有調査を行っていない建築物

吹付けアスベスト等:吹付けアスベスト・吹付けロックウール・吹付けパーライト・吹付けバーミキュライト
(※吹付け塗料は含まれません)

補助金の申請ができる方

次のすべてに該当する方です。

  1. 対象となる建築物の所有者、又は区分所有共同住宅(分譲マンション)の区分所有者の団体
  2. 市税の滞納のない方(区分所有共同住宅の団体の場合は除く)

補助金の交付対象となるアスベスト含有調査の要件

項目 主な要件

アスベスト含有調査の方法

日本工業規格JISA1481を標準とする調査方法、又は厚生労働省等の公的機関が公表した方法で、アスベストの有無を確認する方法(定性分析)及び含有率を測定する方法(定量分析)による分析調査

アスベスト含有調査を行う分析機関・調査者

作業環境測定法(昭和50年法律第28号)第2条第7号に規定する作業環境測定機関のうち、JISA1481の附属書の仕様に適合する装置及び機器を備える機関
上記の分析機関に所属する、建築物石綿含有建材調査者、又は特定建築物石綿含有建材調査者

補助金の申請期間


各年度の4月1日以降です。
年度ごとの補助事業となりますので、各年度の2月末日までに含有調査及び書類作成を完了し、「民間建築物アスベスト含有調査事業実績報告書(様式第6号)」を提出する必要があります。
なお、年度の期末で、含有調査及び書類作成が2月末日までに完了する見込みがない場合、申請が受付られない場合がありますので、ご注意ください。

補助金の額

アスベスト含有調査に要した費用のうち、市が必要と認める額(その額に1,000円未満の端数がある場合は、これを切り捨てた額)で、1棟あたり25万円を上限とします。
なお、補助金額が年度の予算額を超えた場合は、その時点で終了となりますので、ご了承ください。

申請書類の提出先

申請受付窓口は、市役所2階の建築審査課です。

パンフレット

申請手続き

事前相談

申請書の提出に先立ち、建物図面及び現況写真等をご持参のうえ、建築審査課へ事前にご相談ください。
事前相談の後にアスベスト含有調査を依頼する分析機関を選定して、分析機関から含有調査費用の見積書を徴収してください。

補助金の交付申請

補助金の交付を受けようとするときは、分析機関との調査業務の契約前に「狭山市民間建築物アスベスト含有調査事業補助金交付申請書(様式第1号)」に次の書類を添えて申請してください。

添付書類 備考
位置図、配置図、平面図及び現況写真

建築確認済証などの写し
調査予定箇所がわかるもの

建物の登記事項証明書
又は、建物の所有者であることが確認できる書類

申請者が区分所有者の団体である場合を除く
分析機関であることを証する書類  
分析機関からの見積書の写し  
申請者が市税の納付状況について、確認することに同意する旨の書類 同意書(様式あ号)
団体の代表者であることを証する書類 申請者が区分所有者の団体である場合に限る
区分所有者の集会等において、当該事業を実施する決議がなされたことを証する書類 申請者が区分所有者の団体である場合に限る
その他市長が必要と認める書類  
委任状 申請手続きを委任する場合に限る

※補助金の交付決定通知を受ける前に、分析機関と調査業務の契約を締結した場合は、補助金が受けられなくなりますので、ご注意ください。

実績報告

アスベスト含有調査の完了後、速やかに「狭山市民間建築物アスベスト含有調査事業実績報告書(様式第6号)」に次の書類を添えて申請してください。
※提出期限:交付決定を受けた年度の2月末日

添付書類
分析機関が発行した分析調査結果報告書の写し

吹付けアスベスト等であるおそれのあるものの採取中及び採取後の現場写真

分析機関と締結した契約書等の写し
アスベスト含有調査に要した費用の内訳書及び領収書の写し
その他市長が必要と認める書類

補助金の請求

補助金額確定通知書の受理後、補助金の請求を行ってください。
「狭山市民間建築物アスベスト含有調査事業補助金交付請求書(様式第8号)」と、狭山市会計課様式の「請求書」を提出してください。
※提出期限:交付決定を受けた年度の3月10日

申請書ダウンロード

このページに関するお問い合わせは
都市建設部 建築審査課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。