峰愛宕神社

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

峰愛宕神社

古老の言い伝えによりますと、当地を所領としていた旗本・小笠原太郎左エ門康勝の守護神として祀られたといわれています。
新編武蔵風土記稿には「東西寺持」としてあり、東西寺は小笠原家の菩提寺である沢の天岑寺の末寺です。現在合祀(ごうし)されている八雲神社はその昔、愛宕神社の100メートル東、東西寺があった前あたりに祀られていたといわれています。

  • 祭神:火産霊神 (ほのむすびのかみ)罔象女命(みずはのめのみこと)日本武尊 (やまとたけるのみこと)大山咋命(おおやまぐいのみこと)
  • 合祀神:須佐之男命(すさのおのみかと)(旧八雲神社)

場所

所在地
狭山市狭山1883番地の1
峰愛宕神社

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。