黒くなったお地蔵さま

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

黒くなったお地蔵さま

 むかしむかし、入間川の宿(しゅく)に、働者の若者が住んでいました。ところがこの若者には、体いっぱいにイボがあり、これが一番の悩みでした。そして、あまりにもイボが多いので、まだ嫁もとれずに一人者でした。もちろん今までにも大変な努力を重ねて、イボをなくそうとしましたが、今ではもう半分あきらめていました。
 そんなある日のことでした。若者は、となりのおばあさんから、近くのお地蔵さまの話を聞き、おばあさんと一緒に出かけました。そして、『どうぞみにくいこのイボが、全部とれますように』と何度もくり返してお願いしたあげく、お地蔵さまの前にあがっていたお線香の灰をイボというイボに塗りつけました。
 なんだかそうすると、イボがとれるような気がしたからです。『今日は、大変いい気分になりました』とおばあさんにお礼を言って、家に帰ってぐっすり 眠りました。あくる日の朝若者は、いつもと同じように顔を洗っていて、ハッとしました。昨日まであんなにあったイボが、今朝はもうすっかりとれていました。
 おどろいて、体のあちこちをさわってみても、やっぱりイボはありません。もう天にものぼるうれしさでした。『これは、昨日のお地蔵さまのお線香のおかげに違いない』
 このうわさは、近郷近在の人たちにパッと広がりました。そのために、このお地蔵さまにお参りにくる人たちは、今までにも増してあとを断たなくなりました。そして、お線香の灰を持って帰る人も増えました。
 あとから、あとからやって来る人々が、みんなお線香を供えて行ったので、お地蔵さまはお線香の煙でいぶされて、すっかり黒くなってしまいました。
 このお地蔵さまは、今でもうす黒くなって、入間川1丁目の慈眼寺(じげんじ)のうら手の坂を登ったところのお堂の中に立っています。
(狭山の絵本より)

地図

伝承地
狭山市入間川1丁目9番37号付近
慈眼寺

関連項目

社寺

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。