国土利用計画法に基づく土地取引の届出

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年3月24日

国土利用計画法では、一定面積以上の土地を売買等により取得した場合、取得した方(譲受人)が契約後2週間以内(契約日を含みます)に、市長経由で契約内容を知事あてに届け出なければなりません。

届出が必要な規模

市街化区域の土地 2,000平方メートル以上
市街化調整区域の土地

5,000平方メートル以上

注意:上記の面積未満であっても、譲受人が同一の利用目的のために土地を買い集め、最終的に上記の面積以上を取得する可能性がある場合は、「一団の土地」として個々の契約ごとに届出が必要です。

届出が必要となる契約

1

売買、入札、共有持分の譲渡
2 営業譲渡
3 譲渡担保
4 代物弁済
5 交換
6 形成権(予約完結権、買戻権等)の譲渡
7 賃借権・地上権の移転又は設定(権利金等の授受のある場合)

注意:これらの「届出が必要となる契約」には、停止条件付き契約、解除条件付き契約及び予約契約も含みます。

提出物について

提出書類
  • 土地売買等届出書
  • 契約書の写し(収入印紙の貼付がわかるように)

状況図として以下のもの

  • 最寄り駅等と届出にかかる土地の位置関係がわかるもの
  • 付近の状況がわかるもの(住宅地図等)
  • 土地の形状を明示したもの(公図・測量図等)

※一団の土地は、全体図(予定でも可)も添付してください。

提出者

譲受人(権利取得者)
※第三者が届出を行う場合は、委任状を添付してください。

提出部数

正本1部、副本1部
※受理書が必要な場合は、届出書の写しをご用意ください。

提出期限

契約後2週間以内(契約日含む)
※一団の土地であっても、個々の契約日から起算します。

届出書の様式等について

届出をしないと…

届出をしなかったり、偽りの届出をすると6か月以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられることがあります。
(国土利用計画法第47条)

お問い合わせ先

埼玉県企画財政部土地水政策課土地政策担当
電話:048-830-2188
狭山市都市建設部建築審査課建築総務担当
電話:04-2953-1111(内線2177)

このページに関するお問い合わせは
都市建設部 建築審査課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。