平成19年12月20日から建築確認済表示板の様式が変わりました

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

 建築基準法施行規則の一部改正(平成19年6月19日国土交通省令第66号)により、「工事現場の確認の表示の様式(確認表示板)」の見直しが行われました。
 確認表示板の様式の見直しについては、平成19年12月20日より施行されましたので、12月20日以降は新しい様式に手表示する必要があります。

根拠条文

建築基準法第89条第1項(工事現場における確認の表示等)

第6条第1項の建築、大規模の修繕又は大規模の模様替えの工事の施工者は、当該工事現場の見易い場所に、国土交通省令で定める様式によって、建築主、設計者、工事施工者及び工事の現場管理者の氏名又は名称並びに当該工事に係る同項の確認があった旨の表示をしなければならない。

建築基準法施行規則第11条(工事現場の確認の表示の様式)

法第89条第1項(略)の規定による工事現場における確認の表示の様式は、別記68号様式による。

このページに関するお問い合わせは
都市建設部 建築審査課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。