建設業退職金共済制度

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年3月7日

建設業退職金共済制度は、建設現場労働者のために、中小企業退職金共済法に基づき国が作った退職金制度です。この制度によって、労働者の福祉の増進と雇用の安定を図り、ひいては、建設業の振興と発展に役立てることをねらいとするものです。
事業主の方は、公共工事・民間工事を問わず、労働者の共済手帳に働いた日数に応じて掛金となる共済証紙を貼り、その労働者が建設業界で働くことをやめたときに、共済証紙貼付数に応じて勤労者退職金共済機構から退職金を支払うという、業界全体での退職金制度です。

このページに関するお問い合わせは
総務部 契約検査課

電話:04-2936-9887

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。