このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

給食が出来るまで

更新:2015年9月1日

  • 八十八夜の献立八十八夜の献立

  • 手作りグラタンの献立手作りグラタンの献立

スケジュール

  • 【3か月前】
    ・献立の原案
    …作成担当の栄養士が、栄養面・作業性・金額等を考慮し、さらに季節感や新献立、地場産の食材などを取り入れて1か月分の献立の原案を作成します。
  • 【2か月前】
    ・献立会議
    …献立の原案が出来上がったら、まず給食センター内で会議を開き、内容を検討します。
    ・給食主任会議…献立会議が終わると、今度は学校の給食主任の先生方と献立の内容を検討する会議を開きます。この会議で献立が決定します。
    ・資料・書類の作成…献立が決定したら献立表や給食だより、アレルギー資料、物資規格書を作成します。
  • 【1か月前】
    ・見本審査…給食で使用予定の食材料の見本品を取引先の各業者から提供してもらい、栄養士・調理員で味が良いか、また調理作業に不都合がないかどうか等を確認しながら実際に給食に使いたいと思う食材を選定します。
    ・発注…見本審査や入札で選定した食材料を各業者へ発注します。
  • 【当日】
    ・朝8時30分に作業開始…朝礼を行い、学校行事の確認や調理員の爪が伸びていないか手に傷がないかどうかを確認します。身支度を整え、手を洗って消毒します。
    ・食材料が届く…品質は良いか、数量は合っているか賞味期限は切れていないかどうかなどを確認します。
    ・食材料の下準備…野菜を洗ったり切ったり、調味料を量ったり、だしをとったりします。
    ・調理…加熱調理するものは中心温度が85度以上になっているか確認します。
    ・配缶…出来上がった給食は、各クラスの人数に合わせて重さを量り食缶の中へ入れます。
    ・教室に給食が届く…12時前後から順番に配送車で給食を各学校へ届けます。

問い合わせ

学校教育部 入間川学校給食センター 組織詳細へ
狭山市鵜ノ木6番48号
電話:04-2954-2414
FAX:04-2954-8674

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。