Q.心身障害者医療費助成(マル障)制度とはどのような制度ですか。

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2013年4月24日

A.回答

心身障害者が病気等で医療機関等を受診した場合、医療費の助成を行っています。
○対象者
市内に住所があり、医療保険に加入している方で、次のいずれかに該当する方。
(1)身体障害者手帳1級、2級、3級をお持ちの方
(2)療育手帳○A、A、Bをお持ちの方
(3)精神障害者保健福祉手帳1、2級をお持ちの方
・65歳以上で、後期高齢医療制度の障害認定を受けている方。もしくは市長による障害認定を受けている方。
○医療費の支給対象になるもの
保険診療による一部負担金が対象となります。しかし、加入医療保険より支給される高額療養費及び付加給付金がある場合は、その額を控除した金額を支給します。なお、低所得者の方の場合、入院したときの食事療養標準負担額については半額を支給します。(こども医療費該当年齢対象者については、全額を支給します)
○必要なもの                                  身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・年金証書、健康保険証、本人名義の預金通帳

関連情報

このページに関するお問い合わせは
福祉こども部 障害者福祉課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。