「手前どり」で食品ロスを減らしましょう

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年9月30日

「手前どり」とは、食品を購入するときに商品棚の奥からではなく、手前にある賞味期限・消費期限の近いものから商品を選ぶことです。
食品を買うときに、なるべく賞味期限・消費期限が長いものを買おうと棚の奥から商品をとることがあると思いますが、手前にある賞味期限・消費期限の近いものがそのまま残されると、本来は食べられるはずだった食品が廃棄されてしまいます。
すぐに食べるものは「手前どり」を実践して、食品ロスを削減しましょう。

「手前どり」のPOP

市内のコンビニエンスストアやスーパーなどで「手前どり」を呼び掛けています。

このページに関するお問い合わせは
環境経済部 資源循環推進課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2937-6943

FAX:04-2954-7717

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。