Q.固定資産の価格以外に疑問や不服がある場合は、どうしたらよいでしょうか。

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年4月28日

A.回答

固定資産の価格以外(納税通知書の内容など)に不服がある場合は、その賦課決定があったことを知った日(通常、納税通知書の交付を受けた日)の翌日から起算して3箇月以内に、市町村長に対して審査請求をすることができます。ただし、賦課決定があったことを知った日の翌日から起算して3箇月以内であっても、この賦課決定の日の翌日から起算して1年を経過したときは、審査請求をすることができなくなります。
また、固定資産の価格について不服がある場合は、固定資産評価審査委員会に対する審査の申出(納税通知書の交付を受けた日後3箇月まで)となりますので注意してください。
なお、令和3年度は、価格が上昇した土地であっても税額を据え置く特別な措置が実施されましたが、この特別な措置を適用した土地に限っては、令和3年度の納税通知書を受けた日後15箇月を経過する日まで審査申出をすることができます。

関連情報

このページに関するお問い合わせは
監査委員事務局

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2968-6945

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。