Q.配偶者控除はどのような場合に受けられますか。

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年11月13日

A.回答

納税義務者本人の所得が1,000万円以下の方で、生計を一にする配偶者の前年の所得が38万円(給与収入で103万円)以下の場合に、配偶者控除が受けられます。
なお、配偶者控除が受けられる場合でも、配偶者の前年の所得が31万5千円(給与収入では96万5千円)を超えると、市民税・県民税(個人住民税)は課税になります。

このページに関するお問い合わせは
総務部 市民税課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。