大杉だおしのいわれ

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年9月10日

さやまの昔ばなし※画像をクリックすると、広報さやま9月号「さやまの昔ばなし」に遷移します

上広瀬にあります狭山工業団地は、今は区画整理されていますが、以前はカシ、ケヤキ、松、杉などが多く茂る山でした。
昔のお話です。
夜になりますと「ドーン、ドーン」と、木のたおれる音がしました。
村の人たちは、「はて、なんだべぇ」とふしぎがっておりました。
そんなある夜のこと、「ドドーン!」と今までに聞いたこともない大きな音がしました。
あくる日山へいって見ますと大きな杉の木が根っこからたおれていました。
これは、天狗さまのしわざだといわれ「大杉だおし」といわれました。
題字・絵・文/池原昭治氏

このページに関するお問い合わせは
企画財政部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。