師走八日のめかいの話

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年11月10日

さやまの昔ばなし外部サイトへリンク 新規ウィンドウで開きます。※画像をクリックすると、広報さやま11月号「さやまの昔ばなし」に遷移します

昔のお話です。
狭山の農家では十二月八日を「師走の八日」といいまして、竹ざおの先に、目の細かい竹かご(これを目かいといいます)をかぶせてのき先にたてかけます。
これは外から疫病神がはいってくるのを、多くの目で見はっていて、家の内には入らせないぞというおまじないだそうです。
題字・絵・文/池原昭治氏

このページに関するお問い合わせは
企画財政部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2935-3765

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。