智光山の大蛇の話

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2024年5月10日

※画像をクリックすると、広報さやま4月号「さやまの昔ばなし」に遷移します

昔のお話です。
柏原の智光山がまだヤマ(雑木林)だったころです。
奥の池あたりは、松やナラ、クヌギ、アシやカヤの生い茂った昼でも暗いところでした。
ある日、たき木をとりにいった男が池のそばに大きな木がたおれているのを見つけ、ひと休みとばかり、その木に座ったところ、すこし動いたのでおどろき、木をよく見ますと、なんと大きな蛇だったのです。
ほうほうのていで逃げ帰った男は、「それは九頭竜権現さまだべぇ」と、古老にいわれ、二度とヤマへはいかなくなったそうです。
題字・絵・文/池原昭治氏

このページに関するお問い合わせは
企画財政部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2935-3765

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。