羽黒神社の菩提樹

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

羽黒神社の菩提樹

羽黒神社は加佐志(かざし)産土神(うぶすながみ)で、祭神は稲倉魂命(うがのみたまのみこと)です。同社の創建は応永年間(1394~1428)といわれ、「由緒書之事」という古文書によれば、源義家(みなもとのよしいえ)に仕えた大宅光任(おおやみつとう)を祖先に持つ伴蔵人一俊というものが、羽黒権現のお告げにしたがって出羽国梁川(やながわ)(山形県鶴岡市付近)から当地に居を移した際に氏神として祀ったとあります。また、同書によれば、一俊はこのとき奥州から当地に留まったため姓を「奥留」と改めたとあります。加佐志から青柳にかけては「奥富」や「奥冨」を名乗る家がたくさんありますが、これらの人々は元来は同族であったと考えられています。
菩提樹は同社の拝殿左側にあり、幹周り1.9メートル、高さは約10メートル、樹齢は550年と推定されています。菩提樹はインド原産のクワ科と中国原産のシナノキ科の2種類がありますが、ここにあるのはシナノキ科の落葉高木で、毎年6月から7月にかけて淡黄色で香りのよい花が咲き、葉の裏に実を結ぶのが特徴です。実の大きさは直径8ミリメートルほどの球形で、灰褐色(はいかっしょく)の毛が密生しています。伝説によると、この木は一俊が羽黒山から持参して植えたといわれています。

  • 狭山市指定文化財〔記念物・天然記念物〕
  • 指定日:昭和48年(1973)3月1日

場所

所在地
狭山市大字加佐志174番地
羽黒神社

関連項目

社寺

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。