梅宮神社の甘酒祭り

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

梅宮神社の甘酒祭り

上奥富の梅宮神社で毎年2月10日・11日の両日に催される甘酒祭りは、県内でも有名な祭りのひとつです。この祭りは、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)から彦火々出見命(ひこほほでみのみこと)が産まれたのを喜んだ大山祇神(おおやまつみのかみ)が、清浄な田でとれた米から白酒を造り、天地神に(まつ)ったところからはじまったといわれ、(さかずき)を勧めては(うた)いをあげ、さらに盃を重ねるという饗宴型(きょうえんがた)の酒盛り祭りです。
この祭りは県指定の無形民俗文化財となっていますが、それは祭り自体の珍しさに加え、その運営が関東地方では他にみられない頭屋制(とうやせい)で行われているためです。頭屋制とは氏子を数組に分け、その中の1組が1年を単位とする輪番制で祭礼に奉仕することで、現在は9組の頭屋からなっています。
祭りの主役は、頭屋の中から選ばれる杜氏(とうじ)です。杜氏は甘酒の仕込みをする主宰者で、かつては格式と財力がなければ勤まらなかったとされるほどの大役です。甘酒の「つけ込み」(仕込み)は1月中旬に行われますが、この作業は蒸し上がった米に(こうじ)を手際よく混ぜ、水といっしょに樽の中に移すことで、以前は杜氏の家で行われていましたが、現在は温度管理が可能な酒蔵で行われています。

2月10日は宵宮(よいやみ)です。この日は、座揃式(ざぞろいしき)と呼ばれる神事が夜に行われます。座揃式は厳粛な神事で、領主役を勤める氏子総代らを社務所に迎えて行われます。領主とは川越藩主だった松平信綱(まつだいらのぶつな)のことで、慶安4年(1651)に当社を参拝して饗宴に招かれてから以後、主賓になったといわれています。座揃式は、盃を勧めてはそれを飲み干し、謡いをあげては再び盃を重ねるという形で進みますが、頭屋は儀式の進行役を勤める相伴頭(しょうばんとう)を除いては、一切この席にでません。杜氏が出座するのは式の中ほどで、領主から神酒の出来栄えについて()め言葉を賜るときのみです。
11日は大祭です。この日は参道の両側に露店が並び、境内はたいへんな賑わいをみせます。夕方になると頭渡(とうわた)しが行われますが、これは頭屋を引き継ぐ神事です。拝殿には、1年間にわたって頭屋を勤めた「本頭屋」と来年頭屋を勤める「受け頭屋」が列席し、盃のやり取りが謡いをあげながら行われます。
頭渡しが済むと、頭送(とうおく)りの儀式がはじまります。これは、本頭屋と受け頭屋に担がれた樽神輿(たるみこし)が杜氏宅を出発し、神社でひと練りしたあと受け頭屋の杜氏宅へ送り込まれるもので、以前は村内を練り歩き、夜遅くなってから送り込んだとのことです。

  • 埼玉県指定文化財〔無形民俗文化財〕
  • 指定日:平成4(1992)年3月11日

場所

伝承地
狭山市大字上奥富508番地
梅宮神社

関連項目

社寺

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。