カブと鶏のミルク煮(2019年10月)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年10月10日

狭山市産のカブを使いました。カブには胃もたれの予防や消化を助ける効能があるといわれています

カブと鶏のミルク煮

材料・4人分

カブ1束、鶏むね肉2枚、粒コーン缶詰1缶、大さじ1、ニンニク(薄切り)1片、小麦粉適量、粉チーズ適量、牛乳2カップ、バター10グラム、コンソメ1個
(A)塩・こしょう少々、ガーリック粉少々

作り方

  1. 鶏肉は大きくそぎ切りにし、(A)で下味をつける
  2. カブは皮をむいて6等分に切り、皮は粗みじん切りにする
  3. フライパンを油で熱してニンニクを入れ、香りが立ったら、小麦粉をまぶした鶏肉を入れる
  4. 鶏肉の表面が焦げないように焼き、牛乳と2.を加える
  5. コーンとコンソメを入れ、8~10分程度、中火で煮る
  6. とろみがついたら塩・こしょうで味を調(ととの)え、バターを加える
  7. 器に盛りつけ、粉チーズを振りかける

このページに関するお問い合わせは
企画財政部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2935-3765

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。