カブと鶏モモ肉のみぞれ煮(2018年10月)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年10月10日

狭山で()れたカブを使いました。カブの皮は捨てずに“きんぴら”にして召し上がるのもオススメです

カブと鶏モモ肉のみぞれ煮

材料・4人分

カブ2束、鶏モモ肉2枚、片栗粉少々、水溶き片栗粉少々
(A)塩・こしょう少々、しょうゆ大さじ1、大さじ1
(B)だし汁500cc、大さじ2、みりん大さじ2、薄口しょうゆ大さじ2、小さじ2分の1

作り方

  1. 鶏モモ肉は一口サイズに切り、(A)で下味を付ける。片栗粉を付けてこんがりと焼く
  2. カブは皮をむき、3分の1はおろす。残りは4つに切り、(B)で煮る
  3. 2.に水溶き片栗粉でとろみを付け、おろしたカブを加えて一煮立ちさせる
  4. 器に盛った鶏モモ肉に3.をかける

このページに関するお問い合わせは
企画財政部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2935-3765

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。