One for All 市長が走る!【42】(2020年2月10日掲載)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年2月10日

早春を飾る梅の花
 梅の花が咲く季節となりました。「令和」の由来と言われている万葉集の一文「初春の令月にして気()く風和ぎ 梅は鏡前(きょうぜん)()(ひら)き・・・」は、この時期のようすを表したものです。厳しい寒さの中に(りん)と咲く梅の花は春の訪れが日ごとに近づくことを教えてくれます。
 梅に縁があると言えば奥富地区の梅宮(うめのみや)神社です。この時期、埼玉県の無形民俗文化財に指定されている「甘酒まつり」が行われます。冷たい北風の中、神事が行われ、地域の皆さんが作ったお酒(濁酒)をいただきますが、その味わいは格別です。また、広瀬神社の境内にある「不朽梅(ふきゅうばい)」も見事です。樹齢が200年を越えると幹がねじれてくると言われていますが、この梅の樹齢は何と400年とのこと。今でも立派な花をつけています。人生百年時代を迎えた私たちには、及ぶことができないたくましい生命力に感心するばかりです。
 智光山公園に2年前に植えた蝋梅(ろうばい)も見頃を迎えています。近くを通るとさわやかな香りが広がっています。大切に育て、本数もさらに増やして後世の人にも楽しんでもらえたらと思っています。

このページに関するお問い合わせは
企画財政部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2935-3765

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。